【Event Info】2018.5.20 tangobar tokyo × Rien `旬を彩る`~旬彩料理教室~

【5.20 tangobar tokyo × Rien `旬を彩る`~旬彩料理教室~】

<<丹後バルがおくる食育ワークショップ>>

丹後バルでは、作り手の生産者の方々のオモイやこだわりを味わっていただくために、できるだけシンプルな調理で「食材」本来の味を生かした料理を提供することを大切にしております。


 

『美味しい食材があれば、シンプルな調理で家でも豊かな食卓が作れる』


そんなことを感じて体験していただきたく、料理教室を開催いたします!

今回の講師は、旬菜料理研究家として東京を中心にご活躍されております 『桑原 敏枝』さん。

今回は桑原さんにグルテンフリーの丹後の米粉と旬野菜で作る、家庭でも簡単に作れて旬が感じられるモチモチ料理を教えていただけます。


手作り餃子の皮の食感は、一度食べると又食べたくなるほど美味しいです。

丹後の旬の野菜、海鮮、卵を使った料理の実習とランチの実食に加え、作った餃子はお持ち帰りも出来ます。


料理教室の中では、食材や生産者さんについてのプチ食育講座も行います。

『丹後の美味しい食を通して食について考える』

素敵な休日を楽しみに来てください。


<イベント詳細>

【時間】5月20日(日)12:00〜15:00

【場所】STPD Share Kitchen *飯田橋駅徒歩3分

【定員】 15名(最大) *先着順でのご案内とさせていただきます。

【参加費】 4000円

【料理メニュー】

・グルテンフリーの米粉で皮から作る餃子2種  京丹後野菜の焼き餃子  京丹後の海鮮水餃子

・伊根町、三野さんの卵で作る葛粉とろとろ卵スープ

・京丹後の旬野菜で作る和え物

・米粉100%のビーフン炒め

【実習内容】

・餃子の餡作り

・餃子の皮作り

・各自のオリジナル餃子のタレ作り

・盛り付け

・実食

【お申し込み方法のご案内】

お申し込みは、以下のいずれかの方法により受け付けております。

①申込フォームのご記入

https://goo.gl/forms/fOBJfnDNTZVszgG83

*こちらの申込フォームに必要情報をご記入ください

②電話もしくはメールアドレスにて申込

Tel:(070)13041941

mail:kyotango.taberu@gmail.com

*お電話もしくはメールでもお申し込み受付けております。

【講師】 桑原 敏枝 旬彩料理研究家

<経歴>

• 都市銀行勤務後、結婚を機に飲食に携わる。

• 自身にて、和食ダイニングバー、カフェを経営。レシピ開発から調理全般に携わる。

• Restaurant Consultant、FoodDirectorとして飲食店の新規立上げ、店舗支援を行う。

• 地方自治体のイベント、メディアへのレシピ提供やTV出演など多方面に活動中。

<資格>

• 薬膳キッチンコンシェルジュ

• 薬膳茶エバンジェリスト

• 薬膳コンシェルジュ

<Rien(リアン)とは>

旬彩料理研究家(旬を彩る食材=旬彩)、レストランコンサルタント、フードディレクターの桑原敏枝が主宰するユニット。

https://www.rien-win.com/

tangobar|丹後バル

tangobar/丹後バルは海の京都 丹後で缶詰を主とした食品開発とローカルフードツアーなど食にまつわるサービスを展開する会社です。「食べる人とつくる人の距離を近づける」というビジョンのもと、食の知識と技術を生かし、地域の食の魅力をお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000