【Event Info】シェア食!vol.7 今回のゲストはバーテンダー田茂井義信さん

7回目となる今回はBar Beliniの田茂井義信さんをゲストにお迎えします。


■ゲストプロフィール

京都府京丹後市網野町出身 

沖縄や東京のホテルを中心に酒学や接客を学び、2011年に京丹後市でBar Beliniを開業。

地域に根差したBarの在り方を模索しながら、Community Based Bartender(地域密着型バーテンダー)として活動し、現在は宮津と京丹後にBarを2店舗経営している。

京都府商工会連合会の認定エキスパート講師として飲食店の立ち上げ支援やメニューの開発や制作の指導も行う。

・ホテルバーメンズ協会認定バーテンダー

・プロフェッショナルバーテンダーズ機構所属

・京都府商工会連合会認定エキスパート講師

・第2回総務大臣杯泡盛カクテルコンテスト出場


自らの店舗だけではなく、Bar Les Pins(リ・パン)やKuraNomiなどの企画も手がけ、丹後の酒と食の可能性を広げる田茂井さん。

そんな田茂井さんをゲストに、今回はテーマを「なぜ今、丹後なのか?」と題し、

・なぜ今丹後に食のプロたちが集い始めているのか?

・なぜ今丹後の食が面白いと言われているのか?

といった問いについて、深掘りしていければと思います。


■イベント詳細

◯日時:2021年9月19日(日)20:30~21:30

◯開催方法:ZOOMでのオンラインイベント&Facebook Liveでの配信

(ZOOMリンクはイベントページディスカッション部分よりご確認ください。Facebook Liveに関しては丹後バルFacebookページにて公開いたします)

◯参加費:無料

◯参加方法

facebookイベントページの「参加予定」ボタンを押し、参加登録、もしくは、Instagramのダイレクトメッセージでご連絡ください。

◯主催:合同会社丹後バル


■シェア食!とは

食の楽しみ・気づきをシェアする「シェア食」

シェア食は毎月19日の食育の日に、丹後の農家さん、漁師さん、酒蔵さん、料理人の方など食に関わるゲストをお呼びします。そのゲストのお話をベースに皆さんが日頃抱いている食への思いや疑問を共有、深掘りをしていくというプログラム。

みなさんの日々の暮らしの中で、食に対する気づきや学び、楽しみを提供し、丹後での食の接点を増やす場になっていければと思っています。

tangobar|丹後バル

tangobar/丹後バルは海の京都 丹後で缶詰を主とした食品開発とローカルフードツアーなど食にまつわるサービスを展開する会社です。「食べる人とつくる人の距離を近づける」というビジョンのもと、食の知識と技術を生かし、地域の食の魅力をお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000