【Producer】梅本 修 〜梅本さんの畑見学11.13〜

日々何気なく食べている食べ物は、どこでどのように育っているのだろう?


ふと、そんな風に思ったことはありませんか?

丹後バルは、食べ物の作り手のオモイを大切にし、ただ「食べて美味しい」だけではなく、食べ物の裏側を知って「より美味しい」という感動を生み出していきます。


そんな食べ物の作り手の思いを伝えていく企画のひとつとして、

「オーガニックスタンダード」でお馴染みの『梅本農場 梅本修さん』がオススメするお野菜の成長過程をお伝えするコーナー「梅本さんの畑見学」をスタートします。

1回目にご紹介するのは、私たちの食生活に馴染み深い野菜のひとつ

「キャベツ」

寒くなってきて、お鍋でいただくのも美味しいですよね。

梅本さんが育てられているお野菜の中でも特にオススメのお野菜のうちのひとつがキャベツです。

では、早速梅本さんのキャベツ畑の様子を見てみましょう。


種まき後、3ヶ月ほどたった梅本さんの畑のキャベツの様子です。こちらの「キャベツ」は8月頃に種まきをし、苗で育てて9月に畑へ定植されたものだそうです。


これから来る厳しい冬の寒さにあたり、葉がとても柔らかく、あまく成長していきます。丹後は雪も多い地域ですので、雪の下で寒さに当たって育っていきます。8月に種まきをしたこちらのキャベツの収穫はなんと来年の2月から4月にかけて。この種類のキャベツは、晩生種のため、じっくり成長するようです。


来週には、4月から5月にかけて収穫する「春キャベツ」を定植されるとのこと。春キャベツは早生種で、サクサク食感甘いのが特徴だそうです。厳しい寒さに当たって育った「あまいキャベツ」。収穫がとっても楽しみです。春の丹後バルでもまた使用させていただく予定です。


梅本さんオススメ野菜の「キャベツ」の生育状況、また随時ご報告いたします。

梅本さんは、その時期その時期の旬のオススメのお野菜を詰めた野菜BOXの販売をされております。

収穫時期になれば、もちろんキャベツが入ってくることも。

気になった方は、ぜひ梅本さんのお野菜取ってみてください。


<野菜BOX詳細>

価格:1800円(税抜)+送料

内容:旬のお野菜7〜8種類程

*1人で食べると約2週間、2~3人で食べると約1週間分ほどのお野菜が入っております。

*お試しのお取り寄せ及び定期購入も可能です。

/ お問い合わせはこちらまで /

kyotango.taberu@gmail.com

070-1304-1941(担当:関)

tangobar|丹後バル

tangobar/丹後バルは海の京都 丹後で缶詰を主とした食品開発とローカルフードツアーなど食にまつわるサービスを展開する会社です。「食べる人とつくる人の距離を近づける」というビジョンのもと、食の知識と技術を生かし、地域の食の魅力をお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000