アイガモの部位ごとのワジわいが楽しめる!3種の缶詰完成

【アイガモの谷口さん】

兵庫県新温泉町で約30年前より、自然を大切にした自然循環農法に取り組むアイガモの谷口さん。

持続可能な農業をつきつめて考えていき、合鴨農法にたどり着いたそうです。

谷口さんはお米だけでなく、自然飼育を行った「但馬鴨」のお肉も販売されておられます。

谷口さんと昨年の夏から商品開発をご一緒させていただき、但馬鴨のささみ、砂肝、もも肉を使用した3種類の缶詰が完成しました。

但馬鴨のそれぞれの部位の特性をうまく活かし、3種類の缶詰になっております。

缶詰ならではの、缶熟の味わいをぜひお楽しみください! 


◯但馬鴨 砂ずりのアヒージョ

https://tangobar.theshop.jp/items/62428971


◯但馬鴨 ささみの洋風味噌煮

https://tangobar.theshop.jp/items/62381157


◯但馬鴨 もも肉の炭火焼

https://tangobar.theshop.jp/items/62386879

tangobar|丹後バル

tangobar/丹後バルは海の京都 丹後で缶詰を主とした食品開発とローカルフードツアーなど食にまつわるサービスを展開する会社です。「食べる人とつくる人の距離を近づける」というMISSIONのもと、食の知識と技術を生かし、地域の食の魅力をお届けします。

0コメント

  • 1000 / 1000